luckystarpengのブログ・「ふれあい中国」

中国・桂林天元国際旅行社「ふれあい中国」に勤めています。 中国観光にお役立つ情報や中国旅行ブログなど、いろいろ載せさせていただきます(^O^)/

世界自然遺産——崀山巡り

2017年5月16日に、私達一行3人は桂林に近い湖南省にある世界自然遺産に登録された崀山へ視察旅行に参りました。 崀山は桂林から220キロ離れ、国道を利用し車で約4時間半かかります。出る前政府のある関係者の話により、桂林市から崀山までの高速道路は今年8…

内モンゴル初の高速列車が試運転

今月13日より、内モンゴル初の高速鉄道張家口~フフホト列車のウランチャブよりフフホト東までの線路は試運転を実施開始し、正式的な運転に準備をしておいている。 試運転は列車運行時刻をチェックし、通常時と非通常時の各システムの適応性、設備の故障や自…

桂林・龍泉棚田のご案内

龍泉棚田は桂林の有名な龍脊棚田とは違って、新しい棚田として、脚光を浴び始めています。龍泉棚田に参るのは桂林市琴潭バスターミナルで長距離バスを利用して、龍勝バスターミナルに向かいます。着後、泗水行きの長距離バス(30分ごとに発車する)に乗り継…

広西チワン族自治区河池地区の天峨、南丹へ~紀行文

私たちはこの前中国の広西チワン族自治区河池市の天峨県と南丹瑶族自治県へ観光にまいりました。この前桂林空港から河池市空港への航路が開通したのでとても便利になっているのです。 天峨と南丹地区はやはり典型的なカルスト地形で四方八方の山々に囲まれた…

武漢大学の桜が開花、観光客いっぱい

3月14日、好天に恵まれていた武漢。武漢大学キャンパス内の桜が咲きはじまっていた。 高い所から見たら、さくら通りはまるで白い雲帯のようで、緑と建物の間を通っていく。 当日は武漢大学の桜無料観賞の初日で、有名な武漢大学の桜に引きつけられた観光客が…

世界中壮大な洞窟まとめ 息苦しいほど奇麗な色

イギリス3月7日のデイリーメールによって、地球に沢山の奇妙な洞窟がアドベンチャーたちの探険を待っています。例えば、タイの聖碑下の地下洞窟、ニュージーランド特有の虫洞窟。ある洞窟が極めて美しくて、入るのも難しくないので、かなりの観光客は訪れ…

春の気配

2月26日、湖南省衡陽県華山村にて、チャイナドレスを着ている人々は菜の花畑を通っていました。南の方は春の到来が早く、空中から見てみると、色彩豊かな大地は至る所に春の気配が漂っています。 湖南省・湘西トウちゃ族ミャオ族自治州・泸溪県。美しい田園…

故宮は年内に「三大館」を開き、2025年まで85%の公開面積実現

2月12日に、「故宮講壇」にて故宮博物院院長によると、2025年に故宮の公開面積は85.02%に達するということだ。 また、年内に「三大館」を開く予定で、故宮南大庫は明清家具展覧館としてオープンされ、慈寧宮東側にて発見された明の時代の宮殿跡は故宮考古遺…

中国伝統的な祝日――元宵節

元宵節(げんしょうせつ)は旧暦の新年から15日間が過ぎた日(農暦1月15日)で、新年になってから初めて満月が見える夜だと言われているため、その日は家族団欒で満月のような丸いゴマ団子を食べることになっています。 甘くて美味しい黒ゴマ団子 元宵節は20…

「中国の紅白歌合戦」で輝いた桂林副会場、春節の観光客数が倍増

今年の「中国の紅白歌合戦」にて、桂林は4つの副会場(桂林、上海、四川涼山、ハルピン)の一つとして世界の注目を集めている。 素晴らしい世界的な山水実景パフォーマンスで、全世界で脚光を浴びている桂林は、データによると、春節連休の間に国内外の観光…

この世の絶景、万峰林

最近菜の花で人気の高い観光地、万峰林。 貴州省興義市南東部に位置し、国家4つA級観光スポットであり、中国最も美しい五大峰林の一つだと、賞賛されています。 八卦畑。 八卦のよう形をしているため、この名に名付けられ、万峰林観光区の中で、最も人の目…

鳥の巣にて、氷雪祭りが全面的にオープン

今月14日の午前、第八回鳥の巣(国家スタジアム)氷雪祭りが観光客向けに全面的にオープンした。今回の氷雪祭りは6万平方メートル以上の面積を誇りにして、メイン会場の氷雪楽園、北側スキー場と南広場のスケート場という三大氷雪会場に分けている。高台スキ…

シルクロードの旅(下)

さらに西へ進み、敦煌市に着きます。甘粛省河西走廊の最西端にあるシルクロードのオアシス都市で、古くからシルクロードの重要な都市として、中国と西域の出入り口の役割を果たしていました。 鳴沙山と月牙泉は漢の時代より「敦煌八景」と称されています。月…

「中国海周り」ウルーズ船は来年2月より運行開始

天津国際クルーズ船母港によると、中国初の「中国海周り」クルーズ船は来年2月より運行開始する予定だという。中国4つのクルーズ船大母港をはじめ、日本と韓国の重要な港も含め、大範囲に広がり、クルーズ船利用客により多い観光の選択肢を与えようとしてい…

シルクロードの旅(上)

はるか昔からヨロッパとアジア大陸を連結する東西交易の橋渡し役として栄えてきたシルクロード。内陸に広がる山々や砂漠といった大自然や、悠久の歴史の中にある神秘的な信仰と文化があなたを素敵な旅へといざないます。 シルクロードの東の起点となった古都…

中国漠河の北極クリスマス村が開園

中国最も北側に位置しているクリスマス村の、黒龍江省漠河県の北極クリスマス雪像園は11月28日より開園してから11日間が経ち、省内外の観光客を大勢引きつけている。 半ヶ月間の雪作りと彫刻工作を経て、今年の北極クリスマス雪像園は6つのテーマ雪像を持っ…

三亜は来年、島周りと西沙コースのクルーズ船を5艘運行する予定

現在、「南海の夢」号クルーズ船は順調に試運転をしており、これから、「南海の夢」号クルーズ船所属の船会社は島周りと西沙コースのクルーズ船を5艘まで運行する予定だという。今年、三亜のクルーズ船観光客数は11万人に達する見込みで、第二期のクルーズ…

龍勝県「草編み芸人」、トン族風情を作り出す

広西省桂林市龍勝県の平等鎮広南村にて、70才の王禹さんは工芸品を編み続けています。 普通の稲を主な原材料として、編み、挿し、嵌め、回しなどといった十の工芸技術を使い、草の竜やライオン、草の牛、トン族鼓楼などの工芸品を作っています。 王禹さんは…

中国の五つA級観光スポットが9ヶ所増加

国家旅行局によると、中国の五つA級観光スポットが9ヶ所増加し、それぞれは、内モンゴル満洲里市中露境界観光スポット、安徽省六安市万佛湖観光スポット、河南省安陽市紅旗渠·太行大峡谷観光スポット、広東省中山市孫中山故里観光スポット、海南省三亜市蜈支…

桂林はようやく晴れてきました

最近、桂林の天気は変化がちょっと激しかったです。先日、寒波の影響で、最低気温が10度まで下がり、慌てて冬の服を着ました。昼はヒータ、夜は電気カーペットまでつけるようになりました。連日雨が降り続いて、洗濯した洋服がなかなか乾かないので、たくさ…

千年の銀杏の落葉で、古刹は金色の絨毯が敷かられました

写真は11月8日、四川省雅安市の蒙頂山景勝地にある天盖寺の景色です。十数本の千年樹齢の銀杏樹が落葉して、境内を敷いた金色の絨毯となり、多くの観光者を引きつけました。(写真は新華社記者江宏景撮り) 中国旅行|中国観光ツアー・列車チケット|中国旅…

心を奪われた金色の田園風景

広西チワン族自治区崇左市大新縣那嶺郷の田園風光。 目下、広西各地は晩稲が続々と熟し、稲の収穫の時季を迎えました。(写真は新華社の記者周華より) 中国旅行|中国観光ツアー・列車チケット|中国旅行代理店(ふれあい中国) より

人間と本の間にも縁があるでしょうか

古い桂林に関する本が欲しかったです。ウエーブで調べたら、高過ぎました。古本なら安いだろうと思って、六合旧物市場に出かけました。 六合旧物市場は桂林最大の古本市場で,七星山の麓の六合路にあります。古本市場に本がたくさんありましたが、お客さんが…

穿岩ー桂林郊外にある天坑

10月30日、日曜日、徒歩の愛好者と一緒に霊川縣潮田郷の南墟村から陽朔縣興坪鎮の西塘村までハイキングしました。 朝8時30に南城百貨デパートの前から出発して、1時間15分ぐらいバスに乗って、南墟村に着いて、ハイキングをし始まりました。 畑の狭いあぜ道…

桂林ビーフンは今年とうとう4元まで値上がりました

昨夜、大雨が降り、金木犀の木の下に停まっている車に木犀の花びらが覆われていました。あの濃厚な香りは綺麗に吹っ飛ばされてしまいました。 昼はひとりの自炊が面倒くさいから、近くのビーフン(米粉)屋さんで食べることにしました。 近年、インフレが酷…

長城内外に燃え立つ紅葉

10月23日は24節気の霜降で、北京八達嶺長城と八達嶺国家森林公園では紅葉の鑑賞する時季紅葉にを迎えました。(新華社より) 10月23日、紅葉が長城の内外を鮮やかに彩っていました。(新華社より) 続きはこちらへどうぞ。 ふれあい中国より

中国―アセアン博覧会観光展及び第二回桂林国際美食文化祭が桂林で開催

桂林では近日道路はよく混んでいました。それは甲天下広場で中国―アセアン博覧会観光展、及び第二回桂林国際美食文化祭を開いていたからです。日曜日は最後の日なので、どうしても見に行きました。 まず美食展を回りました。中国人はやはり食うことに熱心で…

桂林市の古めかしい驛前街

私は懐古の人間で、古い町と建築を見るのも好きです。この間、桂林の東鎮門と驛前街を散策しました。 驛前街は桂林の虞山の麓にある漓江沿いの古い町です。朝、甲天下広場から100番バスに10分ぐらい乗って、東鎮路で降りました。繁華な中山路から狭くて、静…

桂林漓江の伏龍洲

桂林市の畳彩山の頂上から漓江を見下ろせば、中洲が一つ見えます。吊り橋、野菜畑、竹林と民家があり、まるで桃源郷のようにみえます。霧の天気には、霞んで見えた中洲は神秘的な雰囲気が立ち込められて、一幅の自然の水墨画そのものになります。いつか行っ…

桂林花鳥市場

先日の日曜日、桂林市東環路にある花鳥市場に行きました。ピークにずれたのか、いつも騒いだ様子と違って、お客さんが少なく、静かでした。以前、大体週に一回ぐらい行って、気に入った花や魚があったら必ず買いましたが、近年は景気が悪くて、花と魚にに対…

「大美中国」千垜花海

写真は10月5日、江蘇省興化市の千垜景勝地の航空撮影です。秋の千垜景勝地は色とりどりの花が咲き乱れ、美しい花の海のようでした。(新華社より) 続きはこちらへどうぞ。ふれあい中国より

桂林の木犀がやっと咲き始まりました

今朝、屋上に上がって、「秋が本気に来たぞ」と告げるように地面に藤木の葉っぱが一面に敷かれていました。「一葉で秋を知る」と古人が言った通りに今日は寒露になました。そよ風が吹き通って、いい匂いが漂ってきました。それが木犀の香りでした。 今年、桂…

西山―桂林西山公園の見物(二)

秋分が過ぎた後、秋が更ける一方でした。雨上がりの林には腐葉の匂いが発散していました。つくつく法師とみんみん蝉が名残惜しいように一生懸命に生命の挽歌を唄っていました。同じ公園の中ですが、賑やかな西湖と比べて、西山の方は別天地のように人が少な…

西湖と隱山―桂林西山公園の見物(一)

先日、桂林西山公園を見物に行きました。 西山公園は主に西湖、隱山と西山の三つの部分からなり、一面に湖、三面に峰々に囲まれて、自然の風景が非常に素晴らしい庭園式の公園です。早くも千年前の唐代から開発され、それぞれ唐代の鑑真和尚、宋代の米芾と範…

駱駝山

夕食後、近くの駱駝山へ散策しました。桂林の駱駝山は七星公園にあります。坐った巨大なふた瘤駱駝にそっくりなので名付けられたのです。春になると山の麓の桃の木が一面に花が咲いて、素晴らしい景色が見えます。あの景色を昔の人が「壺山赤霞」と称えまし…

月見

夜十二時が過ぎて、家の屋上で十五夜のバーベキューに参加する親戚の人々が相次いで別れの挨拶をして、帰りました。賑やかだった屋上は静まり返って、私が一人ぼっちになりました。月見草の強い香りがどこかから漂ってきました。月が高く登って、雲の邪魔が…

定年後、このような人たちの仲間入りをしたいです

朝の10時頃、穿山公園の近くまで散策をした時、抑揚の歌声が聞こえてきました。それに連れられ、公園のあずまやの所に辿りました。数人かの高齢者たちが自分で音楽を伴奏しながら、歌を歌っていました。歌は蒙古族の歌手・ブレンバヤルさんの「天辺」で、草…

貴州省黔東南にて、絵のような秋の棚田景色

貴州省黔東南(けんとうなん)の黄平県にて、素晴らしい田園景色が現れました。 秋の季節に、黄平県は金色の稲に満たされています。 青山緑水の中、だんだんと続く棚田は、まるで一枚一枚の絵のようです。 師匠は自然にある、ということでしょう。 貴州省黔…

象鼻山

秋は登山にいい季節です。先週の日曜日、また象鼻山を登りました。象鼻山は一名象山とも言い、漓江の川辺に立って水を飲んでいる巨大な象に見えることから名付けられたのです。 象鼻山は高さ55mの小山で、頂上まで200段ぐらいしかありませんが、石段が急だ…

桂林の街路樹―樟木

天高く馬肥ゆ。最近、夕食の後、よく妻と近くの馬坪街まで散歩しました。蒸し暑い夏がもう過ぎました。そよ風に吹かれて、爽やかで、とてもいい気持ちでした。足元に木の種が足に踏まれて、ガリガリと音を立てて、踏み心地が良かったです。夕暮れの中に幽か…

仙鶴峰、四望山と于越山——畳彩山旧遊(二)

今まで、私は明月峰はよく見物しましたが、仙鶴峰、四望山と于越山はあまり見物しませんでした。「せっかくですから、全部回りましょう」と仙鶴峰へ登りました。 仙鶴峰は畳彩山の四つの峯の中で一番高い峰で、高さは101mです。観光客で賑やかだった明月峰と…

明月峰一畳彩山旧遊(一)

「秋老虎」がいよいよ去っていったのでしょうか、桂林は少し秋めいてきました。朝晩も涼しくなってきました。先日、数年ぶりに市内の畳彩山を登りに行きました。 畳彩山は明月峰、於越山、仙鶴峰と四望山の四つの山からなっています。始めは唐代の元晦という…

月岩ーー桂林穿山公園の見物(二)

月岩は穿山の半ばにあり、南北方向に走る貫いた丸い洞窟です。遠くから満月のように見えるので、月岩と名付けられたのです。 地面から洞窟まで、約40mで、歩いて五分間しかかかりませんでした。季節がもう秋だといいますが、まだまだ暑くて、月岩に上がった…

塔山ーー桂林穿山公園の見物(一)

先週の日曜日、久し振りに穿山公園へ見物に行きました。穿山公園は桂林市の東南部にあり、市の中心部より約3.5キロくらい離れています。家(甲天下広場の近く)から穿山までゆっくり歩いて、約20分ぐらいかかりました。天気が暑かったですが、公園の中に木が…

「秋老虎」が桂林に来ました

立秋の後、何回か雨が降って、天気が急に涼しくなり、夏と「さよなら」と言おうかと思うと、「タダで終わらないぞ」と返事するように夏が又粘り強く戻って来ました。それに秋の日差しが強いので、暑さが前より更に厳しくなったような気がします。毎日日中最…

今日はお盆の日です

今日はお盆の日で、「中元節」ともいいます。民間の伝説によって、閻魔は毎年の農暦の7月1日から15日まで冥界から現し世への門をあけて、鬼たちに現世に上がって、人間の祭りを受けさせるそうです。15日は鬼が冥界に戻る門限の日なので、民間には14日、あ…

桂林はやっと涼しくなってきました

今年の夏、桂林は大変暑かったです。クーラーを付けないなら、夜は眠れないぐらいで、6、7月の電気代は千元もオーバーし、平日の二倍以上でした。立秋以来、桂林はだんだん涼しくなってきました。朝晩は涼しくなりましたが、日中はまだまだ暑くて、最高気…

濃厚な薫りが漂った漢方問屋街

昨日、また桂林市六合路にある漢方薬材の問屋街を散策しました。別に漢方薬を買うつもりではなく、漢方薬の匂いが好きだから行ったわけです。懐かしい漢方薬の匂いを発散した道を歩いて、思わず亡くなった祖母のことが偲びました。 祖母は生前漢方薬のお医者…

中日友好の種を蒔いておきました

娘が9月の新学期が始まると高校生になります。いつかは役に立つだろうと思って、夏休みを利用して、日本語を教えました。仲のいい友達も興味があるので、一緒に習いに来ました。 教科書は北京第二外国語学院日本語専門の教材です。7月17日に始まり、週に二回…

男顔の観音像を見たことがありますか

龍隠岩は桂林市七星公園の牙月山の麓にあり、唐代から民国までの石刻と仏像が数百点ありますが、最も珍しいのは男顔の観音像と人間の模様する「佛」の字です。 龍隠洞は貫いた洞窟で、天井にくね曲がった細長い溝が龍の形をして、龍の鱗まではっきり見えます…